2016年12月30日

「ぬくもりのおまじない」を駆け足で消化。ギミック処理が面倒![白猫プロジェクト]

 白猫プロジェクトのクリスマスイベント「クリスマス公演への軌跡」を、NORMAL最後の「8-2:歓迎の心得 」まで終わらせると、「ぬくもりのおまじない」に入れるようになります。「クリスマス公演への軌跡」が演劇を公演するための準備の話なのに対し、「ぬくもりのおまじない」は演劇公演本番の話になっています。

「クリスマス公演への軌跡」をHARD編まで消化していたこともあり、「ぬくもりのおまじない」にとりかかる時点で12/26になってました。「ぬくもりのおまじない」の開催期間は、12/27の15:59までなので、最後まで終わらせるには、かなり急ぐ必要がありました。

「ぬくもりのおまじない」のクエストの中には、舞台を成功させるために、正しい手順でギミックを処理しなければならない箇所がいくつかあります。ここで、正しい手順で処理できれば成功ルートに進むことができ、ボスを倒してクエストをクリアできれば、次のクエストに進めます。しかしながら、処理に失敗すると、失敗ルートに進むことになり、ボスを倒してクエストをクリアしても、次のクエストに進めないです。

2-1「ステージの世界へ」
上(奥)から2番目のボタンを踏む→箱を指定位置まで運ぶ→ガルーダとクイーンを残した状態で、モノアイ、赤鼻ミノタウロス、トーテムを倒す

正しく処理できれば、成功ルートである左側の扉が開く。


3-2「心優しいライオン」
指示が出るたびに、ステージの上のスイッチを踏む。

パミリの位置:左
緑のスポットライト:真ん中
赤い魔物:右


正しくスイッチが踏まれていれば、成功ルートである右側の扉が開く。

 それから、時間切れになるまで、グレイルジャガー が赤いエリアに到達するのを阻止する「3-3:おいかけっこ」もかなりきつかったです。 このグレイルジャガー は無敵で状態異常も受け付けないので、ギミックを使って到達を阻止することになります。

 グレイルジャガー よりも早くスイッチを踏むことで、グレイルジャガー を遠回りさせることができます。最後のスイッチは、赤いエリア直前の扉を5秒間だけ閉めることができる砂時計も出現させられます。赤いエリア近くの開けた場所に来たら、グレイルジャガーを攻撃することで移動を鈍らせます。そして、残り時間が5秒を切ったところで、砂f時計を作動させれば、扉が閉まり、そのまま時間切れまで到達を阻止できます。

 難しいクエストで手間取ったものの、イベント開催期間が終了する前に、最後の「4-3:全行程、終了!」までクリアすることができました。

Spr_img0020.png

 イベント開催期間が残り少なくなってから、「クリスマス公演への軌跡」〜「ぬくもりのおまじない」を集中して消化していたので、かなりきつかったです。疲れてしまって、他のイベントクエストまでは余裕がない。

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 


posted by 萌えの軌跡 at 15:04 | Comment(0) | 各種ソーシャルゲーム 白猫プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。