2014年09月04日

わてたんのソロモードその3 海底洞窟DDでウニ狩りしながら、気分はすっかり「○まちゃん」

 これまで転生前のさらたん、巫女、闇、ふぁーふぁーについて、それぞれ1キャラで海底洞窟DD狩りを試してきました。海底洞窟DDは、mobのHPが手頃なことに加え、転生前キャラだともらえる経験値が3倍になるボーナスが付くため、中支援無しの1キャラソロ(憑依装備は使用します)でも結構な経験値効率を出せるようになりました(1時間あたり30〜50M)。これによって、2次100〜110までのレベル上げが容易になり、以前より110転生のハードルが大幅に下がりました。

 今度は2次わてたん(101/50/50)1キャラソロで、海底洞窟DD狩りを試してみることにしました。なお、このわてたんのアカに騎乗パートナーがいなかったので、騎乗しないでの狩りになります。

 2012年8月にわてたんの2次スキルにテコ入れが入ったことにより、ディフィートカースがホーリーライトよりも高倍率(280〜460%)の単体光属性攻撃魔法に変更されました。倍率が高い光属性魔法が実装されたことにより、闇属性mob相手に限られますが、以前よりもソロで狩りやすくなりました。

 わてたんは羽(ホーリーフェザー)でMP、SPを自動回復できますが、羽が追いつかない場合に備えて、濃縮マジスタポーションを1つ持って行きます。

 奇数時間だったので、まずは寒流のウニ(D−ノクッドアーチン)狩りから試してみました。海底洞窟DDに入場したら、いつもとは逆方向の南西エリアへと向かいます。このエリアにウニ(D−ノクッドアーチン)が出現します。

 D−ノクッドアーチンは闇属性なので、光属性攻撃のディフィートカースの効果が大きいです。最小MATKが750程度(ラウズメンタル込み)の場合、ディフィートカースLv3で15,000ぐらいのダメージを出せるので、ディフィートカース2回でD−ノクッドアーチンを倒すことができました。D−ノクッドアーチンは1体倒すと、転生前のキャラの場合は114kの経験値が入ってきます。

 他の4属性のmobを叩かないように注意しながら、海底洞窟DD(寒流)南西部でひたすらウニを狩っていきます。ウニはアクティブmobなので、近づけば向こうから寄ってきてくれます。大量のウニが寄ってきたら、サンバで防御しながら戦います。なお、ウニの魔法攻撃は闇属性なので、闇属性着ていれば気にならない程度に軽減できます。

 バードの楽器スキルを使って歌いながらウニを狩っていく。すっかり気分は「○まちゃん」です。めざすは地元のアイドル!アイドル志望のタイニーアルマ(今年のエイプリールフールイベント)を連れて狩るのもいいかもしれないです。もっとも、地元のアイドルになる前に、転生して3次職になるのが先でしょうけど。

eco_img0558.jpg

 海底洞窟DD(寒流)で1時間ほどウニ狩りを続けたらどれぐらいの経験値が入るか調べたところ、この1時間のウニ狩りで入った経験値は35.8Mでした。1時間あたり30M以上ということで、思った以上の経験値効率でした。この経験値効率であれば、わてたん1キャラでも十分に110転生を狙っていけそうです。

 一度戻ってから倉庫を確認したところ、倉庫内に風ストームスクロールの在庫が大量にあったので、今度はこの風ストームスクロールを使って、わてたん1キャラによる暖流のスイムフィシュ狩りを試すことにしました。

 海底洞窟DD(暖流)に入場したら、いつものようにスイムフィッシュが出現する東〜北東部のエリアへと向かいます。

 mobを攻撃する前に、羽、ラウズメンタル、オラトリオ、胡桃・若菜の「光と風のポルカ」を使っておきます(これらはできるだけ切らさないようにします)。準備ができたらスイムフィッシュ、リトルスイムフィッシュをある程度集め、サンバで守りを固めてから、風ストームスクロールを連打して攻撃していきます。(ラウズメンタル込みで)最小MATKが750程度であれば、4〜5回ぐらいの攻撃で倒すことができました。

eco_img0559.jpg

 なお、わてたんは楽器で両手が塞がって左手装備を付けられないので、サンバが切れると防御がガクッとさがってしまい、そこを集中攻撃されるとHPが激減してしまいます。サンバを切らさないようにするとともに、スイムフィッシュ、リトルスイムフィッシュをあまり集めすぎないようにします。

【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】


 1時間ほ風スクロールを使ったスイムフィッシュ狩りを続けたところ、この1時間で入ってきた経験値は25M程度でした。寒流でのウニ狩りよりは1時間で入ってくる経験値が少なかったです。

 海底洞窟DDの寒流でウニ狩り、暖流でスイムフィッシュ狩りをしてみましたが、これらの結果からわてたん1キャラで海底洞窟DD狩りをする場合は、無理に属性スクロールを使ってスイムフィッシュなどを狩るよりは、寒流でディフィートカースを使ってウニ狩りをする方が得策のようです。

 わてたんが1キャラソロで狩りながらベース110転生を目指すにあたっては、ディフィートカースが使えることに加え、最小MATKを(スキル・憑依・たまいれ込みで)750ぐらい、そしてある程度の左DEFとCSPDを確保できたら、海底洞窟DD(寒流)でひたすらウニ(D−ノグッドアーチン)狩りに励んで「○まちゃん」するのが、経験値効率の面からオススメそうです。海底洞窟DDのウニはLV103なので、こちらのベースLvが79以上であれば普通に経験値が入るようになります。海底洞窟DD(寒流)で継続してウニを狩れるようになる頃には、おそらくベース79以上になっていると思われます。

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 10:13 | Comment(0) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

2次ふぁーふぁー(マリオネスト)1キャラで海底洞窟DD狩り

 以前、2次のさらたん、巫女、闇の1キャラソロ(中支援無し・憑依装備は使用)で、海底洞窟DD(暖流・寒流両方)狩りを試してみました。そして、1キャラソロで安定して狩れたことに加え、さらたんは1時間あたり25〜30M、巫女と闇については1時間あたり40〜50Mの経験値を狙えることを確認できました。

 今度は生産職でありながらそこそこの倍率の属性範囲攻撃スキルを持つ2次ふぁーふぁー(マリオネスト)で海底洞窟DDでの1キャラソロ狩りを試してみることにしました。

 以前は4種類の混合魔法がとても使えるシロモノではなかった(スキル倍率が低いことに加えて、憑依装備を着用していると使用できない)ですが、2012年8月のシステム見直しで修正が入ったことで、倍率増加と憑依装備着用中でも使用可能となり、一気に使えるスキルになりました。また、以前はマリオネットキングだけでmobを倒しても経験値とドロップが入手できなかったですが、経験値とドロップがもらえるように見直されました。これらの修正によって、2次ふぁーふぁーで大幅に狩りやすくなりました。

 2次ふぁーふぁーは左DEF/MDEFを上げるスキルを持っていないので、ネコマタ(胡桃・若菜)に「光と風のポルカ」を使わせることで左DEF/MDEFを確保します。
 ネコマタ(胡桃・若菜)のベースレベルは100程度まで上がってますが、他のアカから移動させたばかりなのでパートナーランクと信頼度は初期状態になってます。パートナーランクが初期状態で成長ポイントが割り振られていないために出したままにするとすぐやられそうですが、スキルを使わせる際に出し入れするのであれば問題はないです。ペットシステムのリニューアルでペットの再装備に30秒空ける必要が出てきましたが、光と風のポルカの持続時間は125秒なので、効果が切れそうな頃には再装備が可能になっていることから、それほど支障はないです。

 まずは暖流の方で狩ってみました。暖流ではD−火属性のスイムフィシュ、D−リトルスイムフィッシュ 、D−ハーミットクラブの3種類のmobだけを狙い、それ以外の属性のmobは極力相手にしないようにします。火属性相手なので、風属性の混合魔法サンドトルネード、もしくは風マリキン召喚で攻撃していきます。

eco_img0452.jpg

 最小MATKは615(憑依、たまいれ込み)の場合は、 D−スイムフィッシュとD−ハーミットクラブはサンドトルネードなら4回程度、風マリキン召喚であれば2〜3回で、D−リトルスイムフィッシュはサンドトルネードで2回、風マリキン召喚であれば1〜2回でそれぞれ倒すことができました。

 防御については、憑依、スキル、たまいれ込みでDEF74-155、MDEF70-171、闇属性値45となっており、複数のmobを一度に相手しても温泉効果による自動回復が十分に追いつく範囲だったことから、安定して狩り続けることができました。

 そして、1時間ほど暖流で狩り続けたところ、経験値ゲージの増加分から計算したところ、この間に入った経験値は39.7M(経験値1.5倍キャンペーンの効果を除く)になってました。

 暖流での狩りが終わったら、今度は寒流の方でも狩ってみました。寒流では水属性のD−コンク、D−エンジェルフィッシュ、D−リトルエンジェルフィッシュを狩るようにします。水属性mobが相手なので、火属性の混合魔法ブレイジングトルネードか、火マリキン召喚を使って攻撃します。

eco_img0453.jpg

 攻撃や防御のステータスは暖流で狩ったときと同じです。D−コンク、D−エンジェルフィッシュはブレイジングトルネードなら3回程度、火マリキン召喚であれば2回で、D−リトルエンジェルフィッシュはブレイジングトルネード2回、火マリキン召喚なら1〜2回で倒すことができてました。

 そして、1時間ほど寒流で狩り続けたところ、この間に入った経験値は49.6M(経験値1.5倍キャンペーンの効果を除く)でした。

 これによって、2次ふぁーふぁー(マリオネスト)も、巫女や闇と同様に、海底洞窟DDでの1キャラソロ狩りでなかなかの経験値効率を狙えるJOBであることが確認できました。マリオネストスキルに修正が入ったことで、狩場によっては攻撃SU系の効率を出せるくらいに大化けした感じです。

 なお、海底洞窟DDでmobを倒すと、未転生キャラには本来設定されている3倍の経験値が入るようになってますが、パートナーに入る経験値については3倍のボーナスは適用されないらしく、未転生キャラが未転生のパートナーを連れていたとしても、「本来の経験値」(3次職に入る経験値)の1/10しか入らなかったです。

eco_img0454.jpg

それから、マリオネットキング召喚で攻撃してもスキルを使用したキャラクターにタゲが向かわないことから、ノンアクティブモンスターにマリオネットキングを連発して倒すことで、それほどの効率は出せなものの、育っていない(成長ポイントが割り振られていない)パートナーのベースレベルを上げる場合に使えそうです。

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 10:47 | Comment(0) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

転生前の巫女・闇なら、ディメンション海底洞窟で1時間あたり50Mの経験値

 この間、転生前のさらたん1キャラ(中支援無し)でディメンション海底洞窟狩りをやってみて、1時間で25〜30Mの経験値効率を出せることを確認できました。今度は転生前の巫女や闇1キャラでどれくらい狩れるか試してみました。装備については、さらたんで海底洞窟DD狩りをしたときの装備と同じになっています。

 まずは巫女(107/50/50)で狩ってみます。2次100〜110の巫女で火力を出せるスキルといったら、火属性のラーヴァフロウと水属性のアイシクルテンペストになります。スキルと出現するmobの属性相性の関係から、寒流に出現する水属性のエンジェルフィッシュ、リトルエンジェルフィッシュをラーヴァフロウ使って狩るのが最も効率が良さそうです。なお、暖流の方は火や水属性のスキルで有利に狩れる属性のmobは少ないので、巫女で狩る場合は寒流一択になります。

 奇数時間になるのを待って、海底洞窟DDの寒流の方に入場します。入場したら、他のmobには手を出さないようにして、エンジェルフィッシュ、リトルエンジェルフィッシュのいる北東のエリアに向かいます。このエリアに着いたら、エンジェルフィッシュ、リトルエンジェルフィッシュを集めてから、ラーヴァフロウを設置して攻撃します。ラーヴァフロウを1回設置しただけで、エンジェルフィッシュ、リトルエンジェルフィッシュのHPを削りきることができるので、無理してゼンを乗せる必要はなかったです。

eco_img0412.JPG

 このようにして1時間続けて狩ったところ、1時間で入ってきた経験値は53.7Mになってました。ディメンション大陸の5階で転生前の巫女で狩った場合の1時間あたりの経験値が16M程度だったので、3倍以上となってかなり美味しいです。しかも、海底洞窟DDのボスはノンアクティブで、こちらから手を出さない限りは一切攻撃してこないことから、狩りやすさについても海底洞窟DDの方が格段に上となってます。

 次は2次闇(105/50/50)で海底洞窟DDをやってみました。闇属性攻撃は4属性に対して有利になるので、暖流・寒流どちらでもOKそうです。

 暖流ではスイムフィッシュとリトルスイムフィッシュを、寒流では巫女と同様にエンジェルフィッシュ、リトルエンジェルフィッシュを狩ります。闇の場合はソウルサクリ以外に左DEF/MDEFを上げるスキルは無いので、ユニオン化させた胡桃・若菜を出し入れして「光の風のポルカ」を使わせることで、左DEF/MDEFをアップさせます。なお、ソウルサクリについては、暖流のスイムフィッシュ、寒流のスイムフィッシュのどちらについてもイビルソウルを使った状態でのカオスゲイト+ダークブレイズだけでHPを削りきれるので、HPが回復できなくなるリスクを負ってまで使う必要はなかったです。それから、ここでメデューサスキンを使うと、攻撃された場合にmobを石化させて足止めできることに加え、mobの土の防御属性を100にして闇属性攻撃を通りやすくすることで、結構狩りやすくできます。

eco_img0413.JPG

 こんな感じで、闇で1時間海底洞窟DD狩りをしたところ、暖流では1時間あたり49.1M、寒流では1時間あたり46Mの経験値を得ることができました。以前、転生前の闇を外にして、ディメンション氷結の坑道で狩ったことがありましたが、1時間あたりの経験値は25〜30M程度でした。転生前の闇にとっては海底洞窟DDの方が氷結の坑道DDよりも経験値効率が美味しいことに加え、安定して狩り易いこともあるので、転生前に無理してディメンション氷結の坑道に行って琥珀拾いをする必要はなさそうです。

 転生前の巫女や闇1キャラ(中支援無し)で海底洞窟DD狩りをしたところ、どちらのJOBでも1時間当たり50M前後の経験値を狙えることが確認できました。転生前のキャラでこれだけの経験値効率を出せるのは美味しすぎます。海底洞窟DD以外の狩場では、中支援無しの転生前キャラであれば、1時間狩って15M程度出せればいいほうなので、海底洞窟DDで狩ることでベース110転生がより身近なものとなりそうです。

 しかも、1時間50Mの経験値は、中支援、ブースト、もらえる経験値が増える各種効果(ふえーる、PD、経験値○倍期間などのキャンペーン)無しでの結果なので、これらの効果を組み合わせて巫女や闇で海底洞窟DD狩りを続けていくと、あっという間にベースLv110にたどり着けそうです。巫女の場合は、1キャラで手加減エミドラもそれほど問題なく倒せるので、転生して3次職になるところまですんなりできそうです。
タグ:転生前狩り

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 18:32 | Comment(0) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

2次職の1キャラソロでディメンション大陸の洞窟5F狩り

 ディメンション大陸の洞窟5Fは、3次職でも手を焼くボスのウナギ(ニーズホッグとグラフヴェルズ)が徘徊しているので多少狩りにくい場所ではありますが、1体あたり14k〜25kの経験値が入ってくるmobが次々と次々と集まってきて、これらをまとめて相手することで次々と経験値が入ってくることから、2次職のキャラにとってはなかなか美味しそうな場所です。

 憑依させた3次職キャラのスキルを中から使ってmobを攻撃することで新キャラを育てるためにこのフロアで狩ったことはありますが、2次職のキャラだけで狩れるかどうかはまだ試したことがなかったです。もし2次職の1キャラでも狩れる場所であれば、ディメンション大陸洞窟など他の狩場が混んでいる場合などに次の候補の狩場にできる可能性が出てきます。

 ディメンション大陸の洞窟5Fで狩る場合は、闇属性服(属性値31↑)を着ていれば大部分のmobの属性攻撃を軽減できるほか、土ライズの影響も受けなくなることから、安定して戦えるようになります。その一方で、このフロアに出現するmobの中には苦手属性の光属性攻撃(といっても、ホーリーライトなので何とかなる範囲です)をしてくる者が混じっているので、回復はこまめに行うようにします。mobの攻撃が激しいことに加え、水中フロアによるダメージもあるので、飲む温泉を多めに持っていくなどして、温泉効果を常に付けておきたい所です。

 まず最初に2次職のさらたん(105/50/50)1キャラでディメンション大陸の洞窟5F狩りを試してみることにしました。装備やステータスについては、少し前にディメンション海底洞窟で狩ったときとほぼ同じです。

 ディメンション大陸の洞窟の5階にはリフレクションを使ってくるmobがいるので、攻撃は全て設置スキル(さらたんの場合はラストインクエスト)で行うようにします。このフロアのmob(ボスを除く)は、ラストインクエスト2〜3回程度で倒せました(最小MATK700程度)。

eco_img0400.JPG

 モモンガ(ラタトスク)は、十分に戦える相手でしたが、HPが多いので削りきるのに時間がかかります。クラッターを入れて地道にラストインクエストで削っていきます。モモンガだけを相手にしていると効率が悪いので、他のmobも少しづつ一緒に倒すようにします。

eco_img0401.JPG

 1時間あたりの経験値は11.7Mで、ほぼ同条件でディメンションノーザンダンジョンのアルカナ地帯で狩った場合の1時間あたり12.2Mより少し落ちるぐらいでした。mobを倒すまでの手数ならディメンションノーザンダンジョンのアルカナよりも少なくて済みましたが、mobのスキルによって頻繁に凍結や硬直状態にされてしばらく動けなくなることでmobを倒しきるまでの平均時間が長めになったこと、加えて、徘徊しているウナギに狙われないようにダンジョン内を注意深く移動する必要があったことで、1時間あたりの経験値が思ったよりも伸びなかった可能性はあります。

 次に巫女(107/50/50)で狩ってみました。巫女の場合は、集まってきたところにラーヴァフロウを設置します。リフを使ってくるmobがいるので、設置スキルのラーヴァフロウのみで攻撃するようにします。ラーヴァフロウの火力に加えて、ディメンション大陸の洞窟5Fには火属性で有利に攻撃できる属性のmobが多いことから、大部分はラーヴァフロウ1回設置のみで倒せてしまいました(最小MATK710)。なお、ディメンション大陸の洞窟5階には、火属性と相性が悪く攻撃が通りにくい闇属性のインビジブルメイジも出現しますが、ラーヴァフロウを2〜3回ほど設置すれば削りきれる相手でした。このインビジブルメイジは闇属性値が50以上らしく、ライズによる属性書き換えはできなかったです。

eco_img0402.JPG

 ウナギに注意しながらこのフロアで1時間ほど狩り続けたところ、この1時間で入ってきた経験値は16.2Mほどになってました。巫女でディメンション海底洞窟狩りはまだなので比較はできないものの、2次職の1キャラソロではなかなかの経験値効率に思えました。

 ディメンション海底洞窟が混雑するなどして、次の狩場の候補を選ぶ場合ですが、属性に関係なく攻撃できるさらたんであれば、ディメンション大陸の洞窟5階よりも、ディメンションノーザンダンジョンのアルカナ地帯で狩った方が良さそうです。ディメンションノーザンのアルカナ地帯のmobは倒すまでの手数が多少かかるものの、そこのエリアにはヤッカイなボスが徘徊していないことなどから狩りやすく、安定して効率を出せそうです。その一方で巫女の場合は、ボスのウナギが徘徊していて面倒なものの、ラーヴァフロウでサクサク狩ってそこそこの効率を出せるディメンション大陸の洞窟5Fは、ディメンション海底洞窟の次の候補の狩場として選んでもよさそうです。
タグ:転生前狩り

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 16:56 | Comment(0) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

ディメンションノーザンダンジョンはすっかり過疎って、金策向けダンジョンに

 ディメンションノーザンダンジョンといえば、私がメインのキャラで初めての2次ベースLv110カンスト&上位転生を目指していたときに、忘却の庭園と並んで毎日のように足を運んでいたダンジョンです。当時はもっと経験値効率が良いディメンション氷結の坑道やディメンションサウスダンジョン実装されてましたが、ソロプレイヤーであることに加えて、精錬やイリスカードで強化した装備も持っていなかったので、これらのダンジョンは全く歯が立たず、忘却の庭園やディメンションノーザンで1時間当たり10M程度のペースで経験値を稼ぎながら、2次ベースLv110を目指していた思い出があります。

 少し前に新しく実装されたディメンション海底洞窟に行って、105/50/50のさらたん1キャラ(中支援無し)で狩ったところ、1時間当たり25〜30M程度の経験値を狙えることを確認できました。ディメンション海底洞窟と従来の転生前のキャラで狩れたディメンションダンジョンを比較する目的で、ディメンション海底洞窟で狩ったときとほぼ同じ条件で、ディメンションノーザンダンジョンで狩ってみることで、mobの狩り具合や1時間あたり稼げる経験値について調べてみることにしました。以前にもディメンションノーザンダンジョンでさらたん1キャラ狩りをした場合の経験値を調べたことがあり、そのときは1時間あたり10M程度でした。当時はDEF修正の直後で、まだ新しいシステムに慣れていなかった中で調べたところがあります。

 ディメンションノーザンダンジョンに入る時点での、経験値ゲージと時刻を控えておきます。経験値ゲージと時刻を控えたら、ディメンションノーザンダンジョンに入場します。

 入場したら、一番狩りやすい北西部のアルカナ地帯へと向かいます。入場からアルカナ地帯へ向かう道中で結構歩きます(ブーストは装備していない)。アルカナ地帯に着いたら、mobが集まってきたところで、ラストインクエストとルミナリィノヴァを交互に使って攻撃していきます。

eco_img0399.JPG

 さらたん1キャラでディメンションノーザンのD−アルカナ4種類やD−スケルトンアーチャーと戦ってみたところ、倒すまでにだいたいラストインクエストとルミナリィノヴァをそれぞれ3回づつ使う感じだったので、ディメンション海底洞窟でD−エンジェルフィシュやD−スイムフィッシュのHPを削りきるのに必要な手数のほぼ2倍の手数を要することになります。1時間当たりに入る経験値については、入場時点で105の72.1%だったゲージが1時間で105の76.8%になっていたので、この1時間で入った経験値は12Mぐらいになります。1体あたりの経験値がディメンション海底洞窟の1/4〜1/8だったにもかかわらず、1時間あたりの経験値効率が40%程度だったのは、ディメンションノーザンダンジョンでは一度に相手できるmobが多めだった関係がありそうです。

 ディメンション海底洞窟のmobであれば、より少ない手数で、1体あたりディメンションノーザンの4〜8倍の経験値が入ってきます。これでは転生前のキャラがベースLv110を目指すにあたって、わざわざノーザンダンジョンに来る理由はなくなります。異なる属性のmobが混合で出現するためにJOBによっては戦いにくかったり、ダンジョンまでの交通の便も悪すぎるなどのデメリットも目立ちます。よほどディメンション海底洞窟が混雑しているか、経験値を稼ぐついでにDEMイベントなどで必要になるディメンション氷石を集める場合に、こちらのダンジョンを選ぶことになるのでは?ラハブクエで入場するにしても、ほとんど通り抜けるだけです(加えて、北西部のアルカナ地帯は通らない)。そのようなこともあって、ディメンションノーザンダンジョンはすっかりガラガラに空いてました(入場した時間帯の関係もありそうです)。

 経験値効率ではディメンション海底洞窟より大幅に落ちるものの、ディメンション氷石を集めて金策する目的であれば、こちらを選ぶのも1つの方法かと思います。ディメンション氷石は納品クエだけでなく、DEMイベントでまとまった数が必要(オートマタ1体につき200個×5体分)になるので、他のディメ石に比べて一定の需要も見込めます。加えて、ディメンションノーザンダンジョンが過疎化することによって、ディメンション氷石を拾う方が少なくなるため、露店で売買される相場が上がる可能性も考えられます。

 ベースLv85あたりからディメンション海底洞窟のmobを倒した場合に、普通に経験値が入ってくるようになります。1体づつ相手するのであれば、育ったユニオンペットを活用(ネコマタ茜にソリッドオーラを使わせて物理攻撃を防ぐなど)することで、ベース80〜90ぐらいから来ても何とかなりそうです。そして、ベース80台のキャラにとって、1体あたり60〜120kの経験値は美味しすぎます。この経験値は、これまで2次のベースLv80〜90で入っていた狩場(光の塔、ディメンション廃炭鉱、ディメンション大陸の洞窟)のmobの10体分近くに相当します。
 
 こうなると、ディメンション海底洞窟に人が集まる一方で、同じレベル帯で通っていた従来の狩場が過疎化する問題も発生しそうです。適度に人が分散して狩場間の過疎・過密の差が激しくならないようにするため、従来の狩場についても、転生前キャラに何らかの補正をつけるなどのテコ入れは欲しいところです。
タグ:転生前狩り

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 19:28 | Comment(2) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

2次職さらたん(1キャラソロ)でディメンション海底洞窟狩り

 3月末に新しくディメンション海底洞窟が実装されましたが、この海底洞窟DDはmobのHPに比べてもらえる経験値/職業経験値が多め(HPはノーザンDDのmobと同じくらいですが、もらえる経験値は3〜4倍程度)なことに加えて、mobを狩ってもらえる経験値/職業経験値が未転生キャラには通常の3倍入る効果がついており、Lv100以上の未転生キャラ向けのダンジョンになってます。

 四葉のリサイクル装置の発動により、もらえる経験値/職業経験値が1.5倍になる期間に入ってからは、調子の良いときにカーマインブリック遺跡に行ってまだ3次110になっていないキャラを育ててましたが、ある程度キリの良い所までたどり着いたので、気分転換も兼ねて、未転生キャラで海底洞窟DDをやってみることにしました。
 
 今回海底洞窟DDで狩るキャラは、2次105/50/50のさらたんです。今回はこのさらたん1キャラソロで狩れるかどうか確認するため、憑依キャラによる中からの支援は使わないことにします(全て憑依落ち状態)。

 今回使用した装備は次のようになっています。

右手 エンドオブブック(削れても大丈夫な店売りの80〜90武器)
左手 みかわしの手甲(力8強化)
服 漆黒王の礼服(命3強化、キサラギR3×5を入れて闇属性値45)
胸アクセ 7thアニバーサリーブローチ
その他 貝殻の髪飾り、セージブーツ♀


 このうち、みかわしの手甲、漆黒王の礼服、7thアニバーサリーブローチが憑依装備となっています。これらの憑依装備についてですが、全て未転生キャラの憑依落ちとなっています。

 ステータスについては、憑依・スキル・たまいれ込みで、

DEX99/INT59/VIT90/MAG119
MATK 705-847
DEF79-168/MDEF80-181
CSDP 750
HP3,532/MP2,720/SP667


となってます。

 ディメンションダンジョンに入るための次元安定石など必要になるアイテムを持ったのを確認してから、天まで続く塔を昇って、久しぶりにウォーターレイアに足を運びます。海底洞窟DDに入る前に、マーメイドに(ディメンションがつかない通常の)真珠を2個納品して、マーメイドのすみかにある店やセーブポイントを使用可能にしておきます。マーメイドのすみかのセーブポイントは海底洞窟に近いので、このセーブポイントが使えるようにすることで、海底洞窟への移動をかなり楽にできます。

eco_img0383.JPG

 海底洞窟DDへの入場ですが、奇数時間だと寒流、偶数時間だと暖流のダンジョンに入ることになります。寒流と暖流では出現するmobが異なっています。今回は奇数時間だったため、寒流への入場となりました。

海底洞窟DD(寒流)に入って歩き回った感じですが、このダンジョンに出現するmobはリンクタイプが多いことから、こちらが手を出さない限りは近くを歩いても向こうから襲ってくることは少ないですが、数少ないアクティブmobに狙われたり、こちらからmobを攻撃すると、たちまち近くにいるmobが集まってきて集中攻撃されることになります。

 海底洞窟(寒流)のmobで狩りやすかったのは、MAP北東エリアに集中して出没するD-リトルエンジェルフィッシュ とD−エンジェルフィッシュです。D−エンジェルフィッシュのアクアウェーブ以外はそれほどヤッカイなスキルは使ってこないです。属性系の攻撃スキルは闇属性服で軽減できることもあり、ほとんど気にならない程度になってます。アクアウェーブについても、壁や岩の近くで戦うようにすることで、思わぬ方向に流されることを減らせます。

 周囲に他の種類のmobが少ないことを確認したら、D−リトルエンジェルフィッシュもしくは、D−エンジェルフィッシュのうち1体と戦い始めます。すると他のD−リトルエンジェルフィッシュやD−エンジェルフィッシュが反応して攻撃してくるので、ある程度集まってきたところに、ラストインクエスト→ルミナリィノヴァ→ラストインクエストとスキルと使うと、ほぼHPを削りきって倒すことができました。

eco_img0384.JPG

 海底洞窟DD(寒流)でD−リトルエンジェルフィッシュを倒すと90kほどの経験値が、D−エンジェルフィッシュの場合は180kほどの経験値が入ってきました(リサイクル装置の効果込み)。リサイクル装置などの各種キャンペーン等の効果が無ければ、1体当たり60k〜120k程度になるので、サウスDD2階のmobと同じくらいになります。火力がショボイ2次職が少ない手数でこれだけの経験値がもらえるのはかなり美味しいです。

eco_img0385.JPG

 海底洞窟DD(寒流)の南部エリアに行くとD−シーホースが大量に出現しています。D−シーホースはリフレクションや怒などの結構ヤッカイなスキルを使ってくるので、なるべく相手しないようにします。D−シーホースもリンクタイプなので、こちらから攻撃するか、他のmobとの戦闘に巻き込まれない限りは向こうから攻撃してくることはないので、刺激しないように通り抜けます。

eco_img0386.JPG

 しばらく海底洞窟DD(寒流)で戦いましたが、ここのダンジョンのmobは回復アイテムを落とさないことに気が付きました。新しく補充できずに使う一方なので、しばらく戦っているうちに回復アイテムを全部使い切ってしまいました。このため、いったんダンジョンから出て、アイテム整理に戻りました。

 次は海底洞窟DDの暖流の方に入るために、偶数時間になるのを待ちます。十分な数の回復アイテムに加えて、スクロ狩りができるか確かめるために属性ストームのスクロールも持って行きます。暖流では火属性のD−スイムフィッシュを中心に相手にすることになるので、風属性のスクロールを多く持ちました。

 偶数時間になったのを確認したら、温泉効果を付けてから、再び海底洞窟DDへと向かいます。

 無事に暖流ダンジョンに入ったら、ここで狙うことになるD−スイムフィッシュは寒流のD−エンジェルフィッシュと同じくMAP北東エリアに出現するので、途中のmobを刺激しないようにしながら、MAP北東部へと向かいます。

 北東部エリアに出現するD−スイムフィッシュ(D−リトルスイムフィッシュを含む) との戦い方は、属性が異なることを除けば、寒流のD−エンジェルフィッシュとほぼ同様です。但し、D−スイムフィッシュは毒攻撃をしてくるのが多少ヤッカイです。1体と戦い始めて、他のD−スイムフィッシュやD−リトルスイムフィッシュが集まってきたら、ラストインクエストを設置してから、風ストームスクロールを何度か連打してみました。MATKが700ぐらいであれば、風ストームスクロールでD−スイムフィッシュを攻撃すると7,000前後のダメージを出せました。

eco_img0387.JPG

 属性スクロールで攻撃すると、属性相性が良ければルミナリィノヴァよりも出せるダメージが大きくなることに加え、さらたんの場合はリードマスタリで詠唱・ディレイがほとんど無いことから高速で攻撃を繰り出すことができます。ラストインクエストと組み合わせた場合は、風ストームスクロール3〜4回程度で、風ストームスクロールだけで攻撃した場合は5〜6回程度でD−スイムフィッシュのHPを削りきることができました。

 D−リトルスイムフィッシュを倒すと1体あたり100k、D−スイムフィッシュを倒すと1体あたり200kの経験値が入ってきました。リサイクル装置の効果を抜きにすると、D−リトルスイムフィッシュは65k、D−スイムフィッシュは133k程になり、もらえる経験値が寒流のD−リトルエンジェルフィッシュやD−エンジェルフィッシュよりも幾分多めになってました。

eco_img0388.JPG

 海底洞窟(暖流)に入場してから温泉効果が切れるまでのほぼ30分間、D−スイムフィッシュとD−リトルスイムシィッシュを狩り続けていましたが、この30分間でベース経験値のゲージが8%ほど増えてました。リサイクル装置の効果抜きの1時間あたりに換算すると、27M程度になります。
 1時間27Mといえば、2次職だけで庭園狩りをしていた頃の3倍近くの効率です。しかも、この1時間で27Mは1キャラのみで狩った結果なので、憑依キャラによる支援があればさらなる効率のアップが見込めます。庭園で3次職目指していた頃は、憑依キャラの支援ありで1時間狩り続けて10Mになるかどうかでした。
 それから、私がECOを始める少し前ぐらいまでは、超過密のクジラ岩ダンジョンで、経験値が10〜20k(こちらのベースLvが上がれば増える場合もあります)のmobを来る日も来る日も1体づつ倒しながらベースLv110を目指していたらしいです。この頃から比べると、2次職だけでベース110を目指す場合の効率が格段にアップしています。

 海底洞窟DDは寒流・暖流のどちらについても複数の属性のmobが出現しますが、主に戦うことになるmobの属性は限られているので、属性スクロールを使って戦うのも良さそうです。属性スクロールを使って戦う場合は、さらたんであればリードマスタリーがあるとDEX初期値でも高速連打可能になるので、VIT90とMAG119、属性値が31以上の闇属性服、左DEFと左MDEFが70後半を確保できたら、ベースLv90あたりから来て狩れそうです。海底洞窟DDでは未転生の場合はJOB経験値も大量に入るので、あっという間に両方のJOBのカンストを達成できそうです。
 もっとも、属性スクロールを使って狩る場合は、大量の属性スクロールが必要になるので、スクロールを確保するための費用をどうするかの問題が出てきますが…。

 このように転生する前のキャラにとっては美味しい海底洞窟DDですが、思ったよりも混んでいなかったです。入場した時間帯の関係もありますが、まだ3次職キャラを持っていない新規さんの人数が少ないというのも考えられそうです。すでに3次職のキャラがいる方が新キャラを育てる場合は、3次職の外キャラに育てる転生前のキャラを憑依させて、氷結・サウスDDもしくはカーマインブリック遺跡で狩ることで外と中のキャラをを一緒に育てていそうです。

 海底洞窟DDで拾ったディメンション真珠は、帰りにウォーターレイアーの港の近くのカウンターでマーメイドに納品していきます。クエ品なのでどこのカウンターでもOKですが、真珠ということで納品先は人魚さんの方が似合ってそうです。

eco_img0389.JPG

 こんな感じで2次職のさらたん1キャラソロでの海底洞窟DD狩りをしてみましたが、これならば転生前のさらたん1キャラソロでもスムーズにベースLv110を目指せそうです。次は他のJOBでも海底洞窟DD狩りを試してみることにします。
タグ:転生前狩り

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 17:14 | Comment(3) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

2012年8月のシステム変更(DEF修正など)後のDEM育成を振り返って[DEM検証]

 2012年8月DEFや攻撃速度を始めとしたシステム変更が行われました。そして、このシステム変更がDEMの育成にどのような影響を及ぼしているか調べるために、DEMを最初から育ててイベントを消化してきました。

 振り返ってみたところ、DEMチュートリアル〜「真の顔」イベント終了までは、このシステム変更によって難易度が下がった感じでした。左DEF/MDEFに90制限が設けられましたが、ここまではシステム変更前から左DEF/MDEFが90近くまで上がることがほとんど無かった(セット・ユナイトフォームをゲットするまでは、マシナフォームに他のキャラを憑依させられない)上に、右DEF/MDEFが反映されるようになったことから、システム変更前よりダメージを受けにくくなってました。それから、魔法型限定になりますが、コストリミットに余裕の無い頃はスキルチップまで入れる余裕は無いので、さらたんに作ってもらった属性スキルスクロールにお世話になります。システム変更によって属性ストームの倍率が320→400%に上方修正されたことで属性スクロールで攻撃した場合の火力もアップすることになり、それによってシステム変更前よりも少ないスクロール消費でmobを倒せるようになったというのもあります。

 このようなことから、「真の顔」クリアまでは、2012年8月のシステム変更の前よりも容易にたどり着けそうです。非課金かつ憑依キャラによる支援無しでもそれほど問題なく進められると思います。

 むしろ、本当に大変になってくるのは、「真の顔」をクリアしてからになりそうです。
 Lv100以降に入ることになるダンジョンはmobも強力になってくるので、DEM1キャラだけで相手をするのは困難で、少なくとも憑依キャラの支援が欲しくなってきます。とことん強化した課金パーツを使えば1キャラでも何とかできそうですが、装備の削れが無い演習ならともかく、削れが激しいLv100以上向けダンジョンでは、そのようなパーツをおいそれとは使えないです。それから、左DEF/MDEFに90制限が付いたことによって、システム変更前に比べて受けるダメージが大きくなり、特にライズ→苦手属性の攻撃が飛んできた場合には、あっという間にHPが激減しまうというのもあります。
タグ:Dem

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 16:56 | Comment(0) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

「真の顔」イベントを済ませたことで、DEMイベントは全部完了しました[DEM検証]

 オートマタ合体イベントが済んだので、最後のDEMイベントである「真の顔」イベントを始められるように、EPクエを消化するなどしてベースLvを100まで上げておきます。

 ベースLvを100にした状態でDEMカスタマイズ部屋に行くと、どうやら装置の調子が悪いらしいということで、クォーク博士 とDEM何でも博士が装置に向き合ってます。ここで、クォーク博士に話しかけると、クォーク博士が装置を叩き、その直後にDEMチュートリアルでお世話になったDEMのNS4410が装置から出現します。

eco_img0312.JPG

 数百年前のDEMであるFM-9000(フシギなメイドさんに転生する前のDEM)のデータが、最近になって頻繁にデータベース上でやりとりされているらしく、FM-9000がまだ稼動しているのでは?ということで、NS4410がこの世界に調査に来たということらしいです。

eco_img0313.JPG

 NS4410の依頼を受ける前に、クォーク博士に話しかけてパーツを装備したり、DEMICを組みなおしておきます。それから、属性ストームのスクロールもいくつか持って行きます。準備ができたら、NS4410の依頼を受けて、地下遺跡へと向かいます。

 地下遺跡を進んでいくと、何やらドーム状の怪しい装置があります。この謎の装置を調べていると、突然装置が起動してしまいます。

eco_img0314.JPG

 しばらくすると装置が止まりますが、どうも様子がおかしいです。地下遺跡から外に出ると地下浄水施設らしき所に出ますが、NS4410は「来た時に比べて建物の劣化が進んでいない」みたいなことを言います。

eco_img0315.JPG

 地下浄水施設のハシゴを登るとダウンタウンに出ますが、いつものダウンタウンとは違う雰囲気です。街の中を回って聞き込みをすると、物資の補給がどうのこうのみたいな話も…。一通り聞き込みを済ませると、初期のDEMイベントに登場したクロードと出会います。ということは、エミル界がDEMと戦争状態になっていた数百年も前の時代に飛ばされていたことになります。

eco_img0316.JPG

 現代に戻るために装置のところまで戻ろうとしますが、道中で謎のDEM集団に遭遇します。このDEM集団はどうやらFM9000を破壊して歴史を変えようと企んでいるようです。現代に戻ることはひとまず置いておいて、このDEM集団からFM9000を守るために急遽引き返すことになります。

eco_img0317.JPG

「キカイのココロ」イベントで起こった出来事をNS4410と一緒に遠巻きに見守ります。クロードが襲い掛かってきたFM9000を返り討ちにしたところで、例のDEM集団の登場です。自分の手でFM9000を破壊できなかったDEM集団が襲い掛かってきて、ここで戦闘に入ります。

eco_img0318.JPG

 戦闘に入ったら、すぐにマシナフォームに変身してから属性ストームのスクロールを連打していきます。VITを十分に確保していれば左DEF確保に加え、自動回復力もアップするので簡単にやられなくなります。敵DEMは結構タフなので、属性スクロールを5つほど消費しました。

eco_img0319.JPG

 DEM集団を倒したら、現代に戻るために地下遺跡の装置の所に移動します。装置の所に着くと再びDEM集団が出現したので、NS4410が(私の検証用DEMを)現代に送り返したのを見届けてから装置を破壊し、その後合流したクロードとともにDEM集団に向かっていきました。

 現代に戻ってから地下遺跡を抜け出してダウンタウンに戻ってくると、クレアというクロードに似た雰囲気(90軍服を着ているところも一緒)の女の子が待っており、手紙を渡されます。この手紙は過去の時代に残ったNS4410からのものであり、ギルド元宮の5階に来るように書かれてありました。

eco_img0320.JPG

 ギルド元宮5階のピボットのいる部屋に入ると、NS4410と再会し、過去に残ってからの出来事をやこの部屋のことを語った後に、Lv100パーツを渡されます。

 NS4410からもらったLv100パーツを装備してみました。Lv100の顔パーツを装備すると、ノーマルフォームの顔が反映されるので、マシナフォームでも髪型や表情の変更を生かすことができるようになります。しかしながら、このLv100パーツは普通に削れる上に限定品のために狩りでの使い勝手はそれほど良くなさそうです。DEMで狩りをする場合は、他キャラ憑依可能&再合体で耐久度回復可能なセット・ユナイトフォームのほうが断然使いやすいです。Lv100パーツは街中での会合や、装備が削れない演習でノーマルフォームの顔を出したい場合に使うことになりそうです。

eco_img0321.JPG

「真の顔」イベントはこれで終わりです。そして、「真の顔」イベントまで済ませたことによって、DEMイベントはこれで全て完了したことになります。
タグ:Dem

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 03:31 | Comment(2) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

オートマタ合体![DEM検証]

 検証用DEMのベースLvが99になったので、オートマタ合体イベントに取りかかれるように。
 
 DEMカスタマイズ部屋にいる「博士の弟子」に話しかけると、

・次元安定石×5
・ディメンション石炭×10
・ディメンション硬石×10
・ディメンション水晶×10
・ディメンション琥珀×30
・ディメンション翡翠×30


を持ってくるように言われます。これらのアイテムは十分持ち合わせがあったので、必要な数を持って納品します。

 次元安定石と各種ディメ石の納品が終わると、次はオートマタ合体用のD−ジェネレーターを作るために、ベース経験値と職業経験値をそれぞれ10Mづつ投入することになります。ベース経験値、職業経験値ともに10M以上貯まっていたので、ここも問題なく通過です。ベース経験値と職業経験値を投入すると、イベントを経て、オートマタの合体によってセット・ユナイトフォームにできるようになります。

eco_img0308.JPG

 これまではノーマルフォーム状態でなければ別のキャラを憑依させられなかったですが、セット・ユナイトフォームを装備すればマシナフォームであっても別のキャラを憑依させれれるようになります。それから、セット・ユナイトフォームになるとノーマルブーストと同じ移動速度(+90)が出せることによって、徒歩よりも移動が多少快適になります。セットユナイトフォームの状態で、近くを回ってきました。

eco_img0309.JPG

 セット・ユナイトフォームのイベントが済むと、DEM何でも博士から、「ドミニオン界のスナブが合体を見たい」ことを言われます。スナブといえば、飛空城を組み立てるイベントでお世話になりますが、結構な確率で失敗するため、せっかく集めてきた城の材料を蒸発させられることが多いです。

 スナブのところで必要になる、「壊れた飛行ユニット×5」、「動力ユニット×10」、「排熱ユニット×20」を持って、天まで届く塔を経てドミニオン界へと向かいます。

 ドミニオン界・ウェストフォートの街の中にいるスナブに会って、これらのアイテムを納品します。イベントが発生し、その後でオートマタを合体することでDEM用のブースト(オートマタブースト)に変形できるようになります。

eco_img0310.JPG

 DEM用のブーストは3種族用のブーストと異なり、点火しても飛ぶことはないですが、移動速度は3種族のブーストと同様に上がっています。このDEM用のブーストは、他キャラを憑依しないパーツ構成にする場合の移動力アップに使えそうです。

eco_img0311.JPG

  オートマタが合体してセット・ユナイトフォームやオートマタブーストに変形できるようになるイベントはこれで完了です。残りのDEMイベントは、ベースLv100に到達したら可能になる「真の顔」だけになりました。

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 02:55 | Comment(0) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

オートマタを最適化するために、エレキテルラボのダンジョンへ [DEM検証]

 オートマタ・ダイヤモンドをゲットし、5体全てのオートマタが揃った(ディメンションパーツ化も済ませました)ので、次はオートマタ最適化イベントになります。5体のオートマタを揃えた時点から、だいぶ日数が経過していました。

 オートマタ5体全てをパーツとして装備した状態でDEMなんでも博士に話しかけると、エレキテルラボに移動し、オートマタ最適化イベントが開始されます。

eco_img0301.JPG

 オートマタ最適化イベントは、エレキテルラボのオートマタ最適化イベント専用のクエストを消化することで進めていきます。専用クエストはオートマタごとに1つづつの合計5つあります。

 このオートマタ最適化イベントでのクエストは、このイベント専用の「試作・タンデムエレキテル」を使うことになります。そして、エレキテルラボのクエストで入ることになるダンジョンですが、通常だとラボのクエストを何度かこなして昇級していないと入れないエリアがありますが、このオートマタ最適化イベント中に限って、全く昇級していなくても入場可能になってます。

 オートマタ・アメジストとオートマタ・ルビーのクエストは、指定されたmobを一定数倒すものです。
試作・タンデムエレキテルはそこそこ防御力があるので(DEF修正で右DEFの効果が大きくなった影響も?)、クリティカル攻撃を受けない限りは十分に攻撃を吸収してくれるので、それほど大きなダメージは受けないです。指定されたmobを探し出して地道に倒していけば達成できます。

eco_img0302.JPG

 しかしながら、オートマタ・ルビーの最適化クエで倒すことになる、地下遺跡第二階層 にいるキラーマシーンEについては、攻撃力が高いことに加えて、高確率でクリティカル攻撃を出してくるので、一度に複数相手するとHPが急激に減っていきます(温泉効果有でも)。HP残量に注意しつつ、1体づつ倒していくようにします。

 オートマタ・トパーズの最適化クエストは、クォーク博士から受け取った物品(6号ショップ商品)を、地下遺跡第二階層の東エリアにいるエレキテル6号に届ける運搬クエです。mobには一切構わないで、エレキテル6号のところに向かえば問題ないです。

eco_img0303.JPG

 それから、エレキテル6号の所に向かうついでに、地下遺跡第二階層の「古代の遺品」から出現する「古代の記録装置 」10個を集めておけば、エレキテルラボに戻った際に、オートマタ・トパーズの最適化クエストに続いて、オートマタ・サファイアの最適化クエストも達成できます。

eco_img0304.JPG

 オートマタ・ダイヤモンドの最適化クエストは、地下遺跡第二階層の中央部にいるエレキテル5号からの問いに答えて、「優秀メダル」 を持ち帰るものです。エレキテル5号の問いは有名な「スフィンクスのなぞなぞ」です。

eco_img0305.JPG

eco_img0306.JPG

 以上のオートマタの最適化クエストは順不同でOKです。5体全てのオートマタ最適化イベントを達成して、5体のオートマタ全ての最適化モジュールを揃えると、最適化イベントは無事完了となります。最適化イベントが終わったら、次はいよいよ5体のオートマタがユナイトフォームに合体するイベントとなります。

 オートマタの合体するイベントはDEMのベースLvが99以上必要(各種ディメ石と経験値10を納品うるところまでは、Lv99になっていなくてもOK)です。ちょうど2/6〜2/20の期間はクエスト報酬が1.5倍になるので、このキャンペーンを利用してLv99まで一気に上げたいです。

よろしければ、ポチっと/ブックマークお願いします。
エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ 

posted by 萌えの軌跡 at 03:09 | Comment(1) | ECO Anemone実装後検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする